【NBA】ウォリアーズ スタメンが本領発揮し過ぎの件www【動画あり】


ゴールデンステート・ウォリアーズ

ゴールデンステート・ウォリアーズ(Golden State Warriors)は、カリフォルニア州サンフランシスコに本拠を置く全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム。ウェスタン・カンファレンス、パシフィック・ディビジョン所属。Golden Stateとはカリフォルニア州の愛称。ウォリアーズ

ゴールデンステート・ウォリアーズ
Golden State Warriors
2021-22シーズンのゴールデンステート・ウォリアーズ
{{{name}}} logo
呼称/略称 W's, Dubs, GSW
チームロゴ バスケットボールの中にサンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジが描かれている。
所属リーグ  NBA アメリカ合衆国の旗カナダの旗
カンファレンス  ウェスタン・カンファレンス 
ディビジョン  パシフィック 
創設 1946年
チーム史 フィラデルフィア・ウォリアーズ
(1946-1962)
サンフランシスコ・ウォリアーズ
(1962-1971)
ゴールデンステート・ウォリアーズ
(1971 - )
本拠
ゴールデンステート・ウォリアーズの位置(アメリカ合衆国内)
ゴールデンステート・ウォリアーズ

カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州 サンフランシスコ
アリーナ チェイス・センター
チームカラー ロイヤルブルー, イエロー[1][2]
   
主なスポンサー 楽天[3]
オーナー ジョー・レイコブ(筆頭オーナー)
ピーター・グーバー
社長 リック・ヴェルツ
GM ボブ・マイヤーズ
ヘッドコーチ スティーブ・カー
優勝歴 BAA時代 : 1回
(1947年)
NBA時代 : 6回 NBA FINAL CHAMP.pngNBA FINAL CHAMP.pngNBA FINAL CHAMP.pngNBA FINAL CHAMP.pngNBA FINAL CHAMP.pngNBA FINAL CHAMP.png
(1956年, 1975年, 2015年, 2017年, 2018年, 2022年)
ファイナル進出 12回 (1948年, 1951年, 1956年, 1964年, 1967年, 1975年, 1976年, 2015年, 2016年, 2017年, 2018年, 2019年, 2022年)
ディビジョン優勝 10回 (1948年, 1951年, 1956年, 1964年, 1967年, 1975年, 1976年, 2015年, 2016年, 2017年, 2018年)
永久欠番  13   14   16   17   24   42 
NBAGL提携チーム サンタクルーズ・ウォリアーズ
公式サイト www.nba.com/warriors
Kit body gswarriors association.png
アソシエーションのジャージ
Kit shorts gswarriors association.png
チームカラー
アソシエーション
Kit body gswarriors icon.png
アイコンのジャージ
Kit shorts gswarriors icon.png
チームカラー
アイコン
Kit body gswarriors statement.png
ステートメントのジャージ
Kit shorts gswarriors statement.png
チームカラー
ステートメント
Kit body gswarriors city2122.png
シティエディションのジャージ
Kit shorts gswarriors city2122.png
チームカラー
シティエディション
Kit body gswarriors classic2122.png
クラシックエディションのジャージ
Kit shorts gswarriors classic2122.png
チームカラー
クラシックエディション
ゴールデンステート・ウォリアーズ
通算出場試合 826
ステフィン・カリー
通算得点 20,064
ステフィン・カリー
通算リバウンド 12,771
ネイト・サーモンド
通算アシスト 5,388
ステフィン・カリー
通算ブロック 1,140
アドナル・フォイル
通算スティール 1,367
ステフィン・カリー
1試合最多得点 100
ウィルト・チェンバレン
1試合最多リバウンド 55
ウィルト・チェンバレン
1試合最多アシスト 28
ガイ・ロジャース
1試合最多ブロック 13
マヌート・ボル
1試合最多スティール 10
ドレイモンド・グリーン
プレーオフ1試合最多得点 56
ウィルト・チェンバレン
プレーオフ1試合 最多リバウンド 38
ウィルト・チェンバレン
プレーオフ1試合 最多アシスト 20
ティム・ハーダウェイ
プレーオフ1試合 最多ブロック 8
ジョージ・ジョンソン
プレーオフ1試合 最多スティール 8
リック・バリー
ティム・ハーダウェイ


クレイも完全に復調して
カリーも相変わらず、鬼スタッツ出してるし、

セカンドメンバーもグリーンが入って
安定感出てきたし、これは完全に今から

順位うなぎのぼりになる可能性大!!

カーHCさすが過ぎるwww